ニュースバックナンバーへ

周辺機器のナコル、事業停止へ2007年5月11日(金)

 東京商工リサーチによると、パチンコ周辺機器メーカーのナコル(株)(東京都豊島区・滝本仁安社長)が5月8日までに事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入ったことが分かった。負債総額は約10億円。

 同社は1983年に鉄道、金融機関向けの貨幣計数機、全自動伝表綴じ機の販売を目的に東京都板橋区にエヌ・シー・エル販売(株)として設立。86年にメダル計数機を開発し、業界参入を果たしていた。その後、両替機や台間メダル貸機、メダル計数機、景品POSシステムなど扱うパチンコ周辺機器の領域を順調に拡大。00年に現在のナコルに社名変更すると翌01年にはパチスロ機の製造販売にも乗り出していた。

 ただその後、業績が悪化したため同社を傘下に収めるナカバヤシ(株)の方針のもとに04年1月に一旦は自主解散を決議。同社の負債一切を清算した上で、主力の周辺機器を中心に、新生「ナコル」に事業を継承させていた。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」