ニュースバックナンバーへ

遊技機メーカーの大立、自己破産申請へ2007年6月8日(金)

 パチンコ機メーカーの(株)大立(名古屋市・関山敏男社長)が近く自己破産申請を行う見通しにあることが分かった。同社幹部は、7日現在、申請のための準備に入っていることを明らかにした。申請は11日以降にも行われると見られる。

 同社は2004年1月26日に遊技機メーカーとして設立。昨年末には同社ブランド第1弾となるチューリップタイプの『CRビッグバン』シリーズが保通協の型式試験に適合。今年に入ってから検定を取得後、実際の販売に踏み切っていた。しかし販売が計画通りに進むまず、窓煬Jりが悪化していた模様だ。

 同社は低射幸性機に特化した方針を打ち出していた。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月17日(水)のイベント

  • 東京都遊技業協同組合経営者研修会
  • サンセイアールアンドディ パチスロ新機種『パチスロ巨人の星』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年10月号
  • 巻頭特集
    設定付、 遂に始動!
  • 導入直前企画・6号機徹底解剖
    業界注目の6号機ATがついに市場投入 5.9号機との違いやゲーム性を徹底解説
  • パーラー経営支援特集
    ポジティブ視点で「コスト削減」を考える