ニュースバックナンバーへ

福島のパーラー経営会社に民事再生法適用2005年4月1日(金)

 福島地裁郡山支部は3月18日までに、民事再生手続き中だったパーラー経営会社・アトラス(福島県郡山市)の再生計画を認可した。3月18日付けの福島民報など各紙が報じた。

 同社は昨年10月、民事再生法の適用を申請。経営の合理化を図り、不採算店舗1店を売却していた。現在経営している3店舗は営業譲渡せず、自立再生の手法で経営を継続する。

 再生計画によると、300万円以下の再生債権については半額返済とし、300万円を超える場合については300万円の50%の150万円を保証したうえで、300万円を差し引いた額の5%を上乗せして債権者に支払う。3月末から3年間で返済を進める。

 債権者は53人で、再生計画には50人が賛成した。金社長は「債権者には多大なご迷惑を掛けた。将来必ず恩返しできるように全力で経営に務める」と話している。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月18日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年10月号
    • 巻頭特集
      設定付、 遂に始動!
    • 導入直前企画・6号機徹底解剖
      業界注目の6号機ATがついに市場投入 5.9号機との違いやゲーム性を徹底解説
    • パーラー経営支援特集
      ポジティブ視点で「コスト削減」を考える