ニュースバックナンバーへ

機構が6月から新検査、極端な釘曲げ是正へ2015年5月16日(土)

 パチンコホールが関与する遊技機ならびに計数機の不正改造の抑止を目的に、随時・無通知の立入検査を実施している遊技産業健全化推進機構が6月から新たな検査を開始することがわかった。

 新たな検査は遊技機性能調査。対象はパチンコ遊技機で、一般入賞口に玉が入らないような極端な釘曲げの是正が目的のようだ。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2016年7月1日(金)のイベント

  • JAPaN(一般社団法人日本アミューズメントパチンコ産業ネットワーク)発足記念セミナー
    10:00~/中野サンプラザ

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2016年7月号
  • 巻頭特集
    「打ちたい理由」を 創出する
  • 最先端技術レポート
    クラウド制御が実現可能にした リアルタイムの省エネ施策
  • ダイコク電機展示会&セミナー
    7セグで見やすさ、分かりやすさ追求 大型液晶端末『REVOLA』初披露目