ニュースバックナンバーへ

参加人口1150万人に回復~レジャー白書2015年7月13日(月)

 レジャー白書を編集・発行する公益財団法人 日本生産性本部は7月13日、「レジャー白書2015」の発行に先立ち記者発表を行い、その概要を発表した。

 このうちパチンコ・パチスロの参加人口は1,150万人で、1,000万人割れが大きく報じられた前年より180万人の回復。一方で貸玉金額の総額を示す市場規模は前年より約2%縮小した。

 なお、パチンコ・パチスロの市場規模に関しては今回推計方法の見直しを行い、過去に遡って数値を修正している。修正後の2013年市場規模は25兆50億円、同2014年(今回発表値)は24兆5,040億円だった。

 余暇市場全体を見ても経済の復調を背景に市場規模回復の傾向が見られ、「買い物、野外活動」など歩くレジャーの台頭、国内旅行ニーズの拡充、インバウンド(外国人観光客)の増加が主な特徴として挙げられる。

 なお、「レジャー白書2015」は8月上旬発行予定となっている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2016年12月3日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2016年12月号
    • 巻頭特集
      新基準で集客する
    • Seminar
      札幌4団体「健全営業推進セミナー2016」
    • Report
      第8回全国遊技業青年部交流会