ニュースバックナンバーへ

九州遊商が恒例の清水ふれあいまつり参加2016年9月8日(木)

 九州遊技機商業協同組合(山本龍彦理事長)は8月28日、福岡市南区にある4つの障がい者福祉施設の総称「清水福祉タウン」が主催する「清水ふれあいまつり」に協力団体の一員として、組合員等20名以上が参加した。九州遊商では幅広い社会貢献活動を行うとしており、清水ふれあいまつりへの昨年に引き続いての取り組みだ。

 昨年同様に飲食コーナー、子ども向けのくじ引きコーナー、九州各県の組合員から寄せられた日用品等を販売する福祉バザーを実施。今年は回胴遊商の組合員からもバザー向けに物品の提供を受けた。

 当日は天候の悪い中、障がいを持つ子どもたちや地域住民の方など多くの人々が来場。約26万円の収益金は全額、当該の福祉施設に寄付した。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月24日(木)のイベント

  • 日工組社会安全研究財団「パチンコ・パチスロ遊技障害全国調査 調査報告会」
    10:00~/グランドアーク半蔵門

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年9月号
  • 巻頭特集
    この産業が未来を 拓くために
  • 特集
    集客力は健在!
  • GB-insight
    見えてこない5.9号機