ニュースバックナンバーへ

パチンコ関連機器の市場規模は1兆1,334億円2016年9月26日(月)

 矢野経済研究所が9月23日、パチンコ関連機器市場に関する調査結果(2016)を発表。それによると、2015年度のパチンコ関連機器の市場規模は1兆1,334億円(メーカー売上金額ベース)となり、前年度比で91.9%、1,001億円のマイナス成長となった。

 パチンコ機の2015年度市場規模は6,130億円で前年度比94.0%となった。パチスロ機市場は前年度比86.5%の3,697億円と大幅に縮小した。パチンコ機とパチスロ機をあわせた遊技機の市場規模は合算で1兆円を超える大型市場だったが、2015年度は前年度比91.0%の9,827億円となり、1兆円の大台を割った。

 周辺設備機器の市場規模は1,506億円となり、前年度比98.0%の微減で推移。同レポートでは、「全体の新規出店数が減少傾向にあるため、案件数自体が減り、周辺設備機器メーカー間での格差が拡大している」としている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月19日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長