ニュースバックナンバーへ

“同時変動”システムで特図1と特図2を同時に消化2017年1月6日(金)

『CR逃亡者おりん3』(ライトミドル)

 タイヨーエレックは昨年12月22日、パチンコ新機種『CR逃亡者おりん3』のプレス説明会を開催した。

 今回、同社はライトミドルとデジハネの2スペックを発表。

 ライトミドルは大当たり確率約1/299.1(高確率時約1/44.0)のST機で、確変割合はヘソ、電チューともに80%。確変時には70回のSTに突入し、ST継続率は約64%。通常大当たり後には時短70回が付与される。大当たりラウンド数は16R(払出値1664個)or4R(同416個)で、15Rの振り分けは特図1が30%、特図2が50%。

 一方、デジハネは大当たり確率約1/99.9(高確率時約1/44.2)のST機で、確変割合はヘソ、電チューともに70%。確変時はST50回に突入し、ST継続率は約48%。通常大当たり後は時短50回が付く。大当たりラウンド数は10R(払出値1100個)or4R(同440個)で、10Rの振り分けは特図1が15%で特図2が25%。

 同機はヘソ8個保留を採用した機械となっており、最大の特長は特図1と特図2の保留の消化を同時に行う「同時変動」システム。従来の8個保留採用機は特図1と特図2の消化を交互に行っていたが、同機はそれをメイン画面(特図1)とサブ画面(特図2)を使い同時に行う。同時変動になったことで保留の消化効率が上がり、スムーズな遊技を実現している。

 また、通常時はスタンダードモードとダイジェストモードの任意で選べる2つモードを搭載。ダイジェストモードは2012年に放映された「逃亡者おりん2」の全11話が通常遊技中に見放題で、遊技と原作視聴を同時にできるようになっている。

 なお、同機の納品は2月19日予定。

(C)テレビ東京・Sammy・C,A,L

  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月23日(火)のイベント

  • 回胴式遊技機商業協同組合 組合大会・講演会・懇親会
  • 三重県遊技業協同組合 第56回通常総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年6月号
  • 巻頭特集
    5.5号機は買いなのか?
  • Report
    5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
  • 特別レポート
    盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール