ニュースバックナンバーへ

1億以上の利益をあげていた闇スロ店摘発2017年2月9日(木)

 2月8日、パチスロ機を違法に設置し、男11人に現金をかけさせ、賭博をさせていたとして、横浜市中区の闇スロ店「ペカッ」の従業員2人が常習賭博の容疑で逮捕された。日テレニュースなどが報じた。

 報道によると、同店は、1日平均30人ほど客を集め月に900万円の利益があったとみられている。賭博で使っていたパチスロ47台や売上金約70万円が押収された。

 店は入り口に3枚の鉄の扉をつけ、中からしか開けられないよう工作するなど摘発を警戒していた。2015年11月以降、1年余りで1億2000万円の利益をあげていたとみられている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年3月号
    • 巻頭特集
      撤去後に差し込んだ一条の光 主役ミドルに広がった多様性
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      藤田宏 株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所 代表取締役社長
    • Report
      テコ入れサイン出る甘デジ市場 『フィーバークィーンII』が下支え