ニュースバックナンバーへ

一般電役ならではの「まる得当たり」を搭載2017年2月16日(木)

『CRA SUPER電役ドラゴン伝説77VN』

 豊丸産業は2月15日、都内でパチンコ新機種『CRA SUPER電役ドラゴン伝説77VN』のプレス発表を行った。

「ドラゴン伝説」は「ナナシー」と並び、同社一般電役タイプを代表するタイトル。これまでに登場した両タイトルのシリーズ機は、分かりやすさと遊びやすさに長期にわたり市場の支持を得ている。

 一般電役タイプの大当たりは、いわゆるセブン機タイプの大当たり(役物連続作動装置)とは異なり、電動チューリップの連動により出玉を増やす。この仕様により、大当たり消化と大当たりの抽選を同時に行うのが大きな特長だ。

 今回の『CRA SUPER電役ドラゴン伝説77VN』も大当たり確率1/77.0(ヘソ/開始チャッカー)または1/76.9(右/疾駆チャッカー)と遊びやすい仕様。大当たり時の出玉は約892個(開始チャッカー)or約844個(疾駆チャッカー)となる(出玉はともに、電チュー連動による払出値)。また、同機で採用している「まる得当たり」は、大当たり消化中に再度大当たりした際、その出玉を(一部の例外を除き)フルで獲得できる機能。

 一般電役タイプは大当たり時の(電チュー開放用)保留ランプ点灯状況次第で出玉(電チューの開放機会)をロスする可能性があるが、「まる得当たり」はこのロスを排除する仕組みとなっている。

 当日は同社営業本部の山田麻友美氏が機種説明を行い、こうしたスペック面の他、2つのモードが選べるなど演出面の特長をアピールした。

 なお、納品は4月2日より開始予定となっている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年2月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年3月号
    • 巻頭特集
      撤去後に差し込んだ一条の光 主役ミドルに広がった多様性
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      藤田宏 株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所 代表取締役社長
    • Report
      テコ入れサイン出る甘デジ市場 『フィーバークィーンII』が下支え