ニュースバックナンバーへ

日遊協、自己申告プログラムを改善へ2017年3月17日(金)

 日遊協(庄司孝輝会長)は3月16日、定例理事会後に記者会見を開き、依存問題対策の強化の一環として、自己申告プログラムを改善していく方針を示した。

 自己申告プログラムは、会員カードシステムを活用して、遊技客が1日の使用金額の上限額をホールに自己申告し、上限額を超えた場合はホールスタッフがその事実を知らせ、依存・のめり込みを防ぐ仕組み。

 現在は、使用金額の上限額を申告する仕組みだが、改善案では、金額のほか、遊技回数や時間についても申告できる運用を検討しているという。また、当事者だけでなく家族からの申告や、会員カードを持たない遊技客からの申告なども検討している。

 自己申告プログラムについては、3月16日時点で、489店舗が運用している。今年1月26日に警察庁がホール立入り時に依存問題への取組みを確認する方針を伝えたことなどから、2月初旬から同プログラムを取り入れるホールが増えているという。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月25日(土)のイベント

  • AnimeJapan 2017(3日目)/東京ビッグサイト

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年4月号
  • 巻頭特集
    増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
  • 特集
    迫られる依存問題対策
  • ぱちんこ新時代への羅針盤
    牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員