ニュースバックナンバーへ

旧基準パチスロの撤去を質問〜高井議員 民進党2017年4月6日(木)

 旧基準パチスロ機の認定問題をめぐり民進党の高井崇志衆院議員が3月31日、質問主意書を国会に提出した。

 高井議員は3月8日に開かれた衆議院内閣委員会でサブ基板が出玉制御に関与する旧基準パチスロは認定すべきではないと質問。これに警察庁は「遊技機の周辺基板が遊技の結果に影響を及ぼす機能を有するものについては、風営適正化法施行規則第8条に定める「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」に該当する」ことを理由に認定を受けることはできないと答弁していた。

 質問主意書で高井議員は「認定を受けることはできない」と言及した警察庁の前回の国会答弁を踏まえつつ、サブ基板制御の旧基準パチスロが風営適正化法第8条の規定する「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」に抵触しているかどうかを改めて質問。その上で、抵触する場合の早急な撤去について見解を質している。

 また高井議員はすでに認定を取得したものでも事後的に「容易に不正な改造その他の変更が加えられるおそれのある」場合は、撤去対象に含まれるべきとの考えを示し、それに対する見解も求めている。

 一方、高井議員は、3月8日の答弁で調査中とされた「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機が出荷された原因」について調査結果はいつ出るかを質問。結果次第では警察庁として全国の公安委員会に検定取り消しを指導すべきだと指摘している。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月14日(木)のイベント

  • アミュゼクス12月セミナー
    13:00~/三田NNホール
  • サンセイアールアンドディパチンコ新機種『CR彼岸島』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状