ニュースバックナンバーへ

育児支援施策を改正、育児と仕事の両立をサポート2017年4月14日(金)

 マルハンはダイバーシティ推進活動の一環として、4月11日から育児支援施策の適用期間を「子どもが小学校就学まで」から「子どもが小学校3年生の年度末まで」に改正した。

 同社の正社員が扶養している子どもの平均年齢は6.35歳。改正前の適用期間では6歳(小学校就学)までしか子育てをサポートできなかったところを、今回の改正により育児と仕事の両立をより長期間にわたってサポートできるように環境を整備した。

 改正は、ダイバーシティ活動の中の「女性活躍推進」・「働く環境の整備」の一環の取り組みで、女性役職者をはじめ主に女性従業員からの要望をきっかけに生まれた。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月14日(木)のイベント

  • アミュゼクス12月セミナー
    13:00~/三田NNホール
  • サンセイアールアンドディパチンコ新機種『CR彼岸島』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状