ニュースバックナンバーへ

人気を博した初代「忍魂」を完全踏襲2017年4月17日(月)

『忍魂~暁ノ章~』

 大都技研は4月13日、都内でパチスロ新機種『忍魂~暁ノ章~』のプレス試打会を開催した。

 同社の人気シリーズ3作目は、初代「忍魂」の演出やゲーム性を踏襲したマシン。BB(獲得枚数203枚)とRB(同56枚)の2種類のボーナスと純増1.1枚/GのART「月光ノ刻」を搭載したA+ARTで登場する。

「月光ノ刻」は1セット50G+αでゲーム数上乗せをメインにARTを継続させるゲーム性。「月光ノ刻」中はレア役でゲーム数の上乗せ抽選を行い、チャンス目ならゲーム数の上乗せが確定、さらに上乗せ高確状態の「赤月」状態に移行すると全てのレア役でゲーム数を上乗せする。また「赤月」状態中のボーナスは上乗せ性能が高い暁BBまたは暁RBとなり、暁BBは平均180Gのゲーム数上乗せに期待でき、一方の暁RBは「月光ノ刻」のセット数上乗せの大チャンスとなる。ART突入時の獲得期待枚数は750枚以上で、一度「月光ノ刻」に突入すればまとまった出玉獲得を見込める。

 そのほかBB中の技術介入や「忍ノ破片」システムなど新要素を多数搭載。遊技に深みを持たせている。

 なお、納品は5月7日開始。

(C)DAITO GIKEN,INC.

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月23日(火)のイベント

  • 回胴式遊技機商業協同組合 組合大会・講演会・懇親会
  • 三重県遊技業協同組合 第56回通常総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年6月号
  • 巻頭特集
    5.5号機は買いなのか?
  • Report
    5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
  • 特別レポート
    盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール