ニュースバックナンバーへ

RSN、2016年の電話相談件数は2,502件2017年4月21日(金)

 パチンコ・パチスロ依存問題の電話相談事業を行う認定NPO「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN・西村直之代表)は2016年の電話相談事業の報告書をまとめた。

 それによると、2016年1月1日から12月31日までの全相談件数は2,502件で、前年より465件(約15.6%)減少した。電話相談を開始した2006年4月からの総相談件数は2万273件となり、2万件を突破した。

 4月19日に行われた全日遊連の記者会見で報告書の概要を説明したRSNの西村代表は、「昨年はホール全体が大変な時期だったこともあり、ポスターの貼付率もよくなかったのではないか。それで相談件数も徐々に下がっていったのでは」と分析した。

 その一方で、今年に入り、警察庁が立入調査時にRSNのポスター掲示などを確認する方針を示したことから、ホールでのポスター掲示率が高まっているとし、西村代表は、「今年2月から相談件数が過去最高を更新している。いまは月に400件くらい相談がある」と大幅に増えていることを報告した。

 相談者の傾向については、「年齢層などはあまり変わっていない。新しい人が入れ替わって新しい問題が起こっているというよりは、古くから問題を持った人たちがまだホールの中に残っている」などと指摘した。

 全日遊連では同日の記者会見で、RSNの機能強化の一環として、5月1日からホール企業の従業員2名を相談員として出向させることを報告した。赴任期間は1期間3カ月を想定しているという。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月24日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年11月号
    • 巻頭グラビア
      ベガスベガス新宿東南口店
    • 巻頭特集
      どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?
    • 特集
      PB機の可能性