ニュースバックナンバーへ

レジェンドチャリティに遊技機メーカー5社協賛2017年5月10日(水)

左から、日野皓正氏、李大殖氏(一般の部優勝)、恵俊彰氏(著名人の部優勝)、横尾要氏(プロの部優勝)、青木功氏。

 チャリティゴルフ大会『ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント』が5月6、7日の2日間、千葉県の麻倉ゴルフ倶楽部で開催され、今年も遊技機メーカー各社が協賛したほか、業界関係者らがプレイヤーとして出場し、イベントをサポートした。

 同大会は、青木功氏、王貞治氏、日野皓正氏という各界を代表する3人のレジェンドが実行委員を務め、ゴルフを通じて子供達への支援を目的に開催されているもの。毎年多くの著名人が出場することでも知られている。

 9回目となる今回は、KYORUKU吉本ホールディングス、セガサミーグループ、平和、ニューギングループ、藤商事の遊技機メーカー5社が協賛。

 プロ28名、芸能人28名とともに、一般アマチュアとして各社の代表者らが出場したほか、協賛企業の招待として、日遊協の庄司孝輝会長、全商協の中村昌勇会長、回胴遊商の伊豆正則理事長のほか、ホール企業や関連企業の代表らもプレーした。

 2日間の競技の結果、プロの部では横尾要プロと今平周吾プロが9アンダーで並び、プレーオフで横尾プロが初優勝を勝ち取った。著名人の部では、恵俊彰氏が6アンダーで優勝、一般の部では岡山県のパチンコホール「マルハチ」を経営する(株)Leeの李大殖氏が2度目の優勝を果たした。李氏は「子供達に募金を届ける素晴らしい大会。来年も優勝を目指したい」と2連覇に意欲を示した。

 大会を通じて集まったチャリティ金約3000万円は、病気の子供や東日本大震災で被災した子供、また子供を支える各病院、支援団体、基金などに寄付される。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月11日(月)のイベント

  • 高尾パチンコ新機種『CRオートレース』プレス発表会
    14:00~/川口オートレース

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状