ニュースバックナンバーへ

RSNの電話相談、4ヶ月連続で400件超え2017年7月25日(火)

 パチンコ・パチスロ依存問題の電話相談事業を行う認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN、西村直之代表理事)のレポートによると、2017年6月の相談件数は445件(沖縄RSN381件、全商協RSN支援室64件)となり、今年3月以降4ヶ月連続で相談件数が400件を超えた。

 5月比では5件の減少だったが、前年6月比では218件の増加となっている。

 沖縄RSNの相談件数381件の内訳は、初回相談325件、複数回36件、間違い・無言・問い合わせ20件。初回相談のうち、本人からの相談は255件(79%)で4カ月ぶりに8割を下回り、家族・友人からの相談比率が増加した。

 レポートでは、「ホール内での啓発強化の影響が本人に対しては治まりつつある一方で、いわゆる『ギャンブル依存症』に関する断片的な情報が日本社会全般へと拡散されており、家族の『病気』を心配する方からの相談が増えているのではないかと思われる」としている。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月24日(木)のイベント

  • 日工組社会安全研究財団「パチンコ・パチスロ遊技障害全国調査 調査報告会」
    10:00~/グランドアーク半蔵門

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年9月号
  • 巻頭特集
    この産業が未来を 拓くために
  • 特集
    集客力は健在!
  • GB-insight
    見えてこない5.9号機