ニュースバックナンバーへ

ベルコが自信作「紅桜」を発表2017年8月7日(月)

「有力な5.5号機になる」と語った神農本部長。(写真右から2番目)

 ベルコは7月21日、都内でパチスロ新機種『紅き魂は桜の如く』のプレス発表会を開催した。

 発表会の冒頭、機種説明を行った同社の神農勝進営業統括本部長は「本機は鬼浜シリーズに続くヤンキーシリーズの第2弾。鬼浜シリーズの単なるスピンオフではなく、弊社の今後の軸になっていくコンテンツだ。ぜひ期待してほしい」と強調。続けて「ホール様にとって今後訪れる激動の時代を乗り越えるためには有力な5.5号機が必要不可欠。今日発表した『紅き魂は桜の如く』はまさに有力な5.5号機の1つになり得る製品だと確信を持っている」と力強くアピールした。

 同機は純増192枚のビッグボーナスと1セット50G+α、純増約2枚/Gの「紅RUSH」を搭載したA+ART。獲得した上乗せゲーム数を格上げする「ストックアップコンボシステム」や押し順ナビでも毎ゲーム高確率でゲーム数を上乗せする「突ナビ高確」など、「紅RUSH」中に搭載された多彩なゲーム数上乗せ演出が魅力で、1つの上乗せをフックとした上乗せの連鎖がプレイヤーに興奮を与える。

 上乗せ演出の中で特に強力なのがビッグボーナスの一部で突入する上乗せ特化ゾーンの「双花繚乱」。同特化ゾーンは1セット20Gのバトルがループする上乗せ高確率ゾーンで、消化中はバー図柄揃いやレア役などでゲーム数を上乗せする。平均6セット継続し、平均上乗せゲーム数は約250G、期待値は2000枚オーバーの同機最強の出玉トリガーとなっている。

 また同機はコンテンツの世界観をより引き立てるために桜吹雪をイメージしたフォルムと様々な機能を搭載した専用筐体「KURENAI」を採用。インパクト大のデカザクラギミックや可動式の紅桜ロゴや桜回転ギミック、迫力あるサウンドを実現した高性能ウーファーなどが遊技を一層盛り上げる。

 なお納品開始は9月18日を予定している。

BELLCO/(C)SYSCOM

  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月19日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年10月号
    • 巻頭特集
      “持ち玉遊技タイプ”へ高まる ファンのモチベーション
    • 特集
      解説!「規則改正」
    • Report
      被災地・南三陸町の子ども達に笑顔を届ける