ニュースバックナンバーへ

止らない大当たりの連打がかつてない爽快感を実現2017年9月19日(火)

内覧会ではひと足早くホール関係者が「RELOADシステム」による大当たりの連打を体感した。

 サミーは9月12日、都内でパチンコ新機種『ぱちんこCR蒼天の拳 天羅』の内覧会を開催した。

 同機は大当たり確率約1/150.0(高確率時約1/70.2)で確変割合は95%、「確変大当たりは連続5回までで、6回目の大当たりは全て通常大当たりになる」といった6回リミットを搭載している。大当たりラウンドは8R(払出値約960個)、4R(同約480個)、2R(同約120個)の3種類。電サポ回数は0回or100回or10000回。

 最大の特長は右打ちとなる「RUSHモード」で、ZEROSONICシステムによるスピーディーな右打ち消化と確変割合95%による大当たりの連打が、かつてないほど爽快な遊技を生み出す。

「RUSH」モード中の通常大当たりは時短100回が付与され、時短中に確変大当たりを引き戻すと6回リミットを再セット。そこから再びリミット到達まで確変割合95%状態が続くため、時短中に引き戻せるかが大量出玉獲得の鍵を握っている。同社では「6回リミット→時短引き戻し→6回リミット再セット」の一連の流れを「RELOADシステム」と銘打っている。

 「RUSH」モード中は、演出を同じにするなどして電サポ100回に到達するまでは通常か確変かわからないようになっており、プレイヤーがドキドキ感を味わえるよう工夫している。

 なお納品開始は11月上旬を予定している。

(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, 版権許諾証YHK-818
(C)Sammy

  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月16日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状