ニュースバックナンバーへ

旧基準パチスロ機の設置比率は7月末で33%2017年9月29日(金)

 新基準に該当しないパチスロ機の設置比率が、2017年7月31日時点で33%となっていることがわかった。設置台数は56万1,828台。日電協調べとして、東京都遊協が9月理事会で報告した。同日時点のパチスロ機の総設置台数は170万881台となっている。

 また、新基準に該当しないパチスロ機のうち、高射幸性遊技機に区分されるパチスロ機の台数は44万741台で、パチスロ機の総設置台数に占める設置割合は25.9%となっている。

 全日遊連では、今年12月1日までに新基準に該当しないパチスロ機の設置比率の自主目標を30%以下に定めている。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月19日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性