ニュースバックナンバーへ

マルハン、赤い羽根共同募金へ2,254万円寄付2017年11月2日(木)

当日の寄付に対する感謝状贈呈の様子。写真は社会福祉法人中央共同募金会の中島謙次常務理事(右)とマルハン従業員募金運営会代表、マルハンユニオンの林万喜中央執行委員長(左)。

 マルハンは10月18日に行われた「マルハンユニオン定期大会」で、従業員による募金2,254万円を「赤い羽根共同募金」に寄付した。同社が同募金へ寄付を行うのは今年で5回目。同寄付金は社会福祉法人中央共同募金会(斎藤十朗代表)を通じて、地域・社会が持つ高齢者、障がい(児)者、児童・青少年の課題解決に役立てられる予定となっている。

 同社は2010年より「マルハンの従業員が社会のためにできること」として、各事業所に設置している従業員用飲料自動販売機の売上1本につき10円を「マルハン従業員募金」として積み立てており、従業員からの申請に基づいて、国内外のNPO、NGO、福祉団体などに寄付している。

 同社ではこれからも良き企業市民として社会への責務を果たすべく、自らが社会を構成する一員であることを意識し、《マルハン》を利用しない人にも「マルハンがあって良かった」と思ってもらえるように、企業、従業員ともに、地域社会との「共感・信頼」、社会の持つさまざまな問題に真摯に取り組み、社会貢献活動に努めていきたいとしている。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年11月24日(金)のイベント

  • ニューギン新機種「パチスロ烈火の炎」内覧会/東京ショールーム
  • プローバグループ社員決起大会
    12:30~18:30/ホテルセンチュリー21
  • ネクステリア「地域1番店になるための必須の戦略セミナー」大阪会場
    14:00~17:45/ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状