ニュースバックナンバーへ

山梨で景品買取所荒し続発2017年11月16日(木)

 10月30日夜から31日の朝にかけて、山梨県の甲府市と笛吹市の景品買取所で、何者かが侵入し交換機などが荒らされる事件が発生した。11月1日付の山梨日日新聞が報じた。

 報道によると31日午前10時25分ごろ、甲府市内の景品買取所で交換機の中に設置している現金ケースが無くなっているのを従業員が見つけ通報した。買取所のドアはバールのようなものでこじ開けられ、交換機には傷があった。従業員が施錠確認した30日午後11時10分ごろには異常はなかったという。
 
 そして、笛吹市内の景品買取所でも31日未明、何者かがドアをこじ開け侵入した形跡があった。両店とも現金の被害はなかった。

 県警は同一犯の可能性があるとみて捜査している。山梨県内では9月に甲府、笛吹、甲州の3市で景品買取所から金庫や景品が盗まれる被害が発生していて、県警は関連も調べる方針。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月11日(月)のイベント

  • 高尾パチンコ新機種『CRオートレース』プレス発表会
    14:00~/川口オートレース

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状