ニュースバックナンバーへ

回胴遊商九州・沖縄支部がサンゴ保全活動2017年11月20日(月)

一生懸命サンゴの植付けを行う園児たち

 回胴式遊技機商業協同組合(大饗裕記理事長)の九州・沖縄支部は11月10日、宜野湾マリン支援センターでサンゴの保全活動を実施した。

 同活動は絶滅の危機にある沖縄のサンゴ礁を救う手助けをしようと、平成20年度より行っているもの。

 当日は同活動の10回目開催を記念し、宜野湾市の松川正則副市長も出席のもと、県内の6つの保育園の園児たち98名を招待。組合からは支部組合員、役付理事、リサイクル・環境委員ら75名が参加し、NPO法人コーラル沖縄の協力のもと計173名がサンゴの保全活動に参加した。

 活動内容は沖縄のサンゴの現状やサンゴが壊滅状態に至った各種要因をスクリーンに投影し、映像を用いながら解説するとともに、サンゴ礁の再生プロセス等を学ぶ講習のほか、サンゴの植付けを行った。園児たちは、「植付けたサンゴでたくさんの魚が住むきれいな海になってほしい」と願いながら一生懸命作業した。

 また、当日は10年にわたり継続実施している同活動に対し、松川副市長から大饗理事長へ記念証の贈呈が行われた。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、環境によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

  • image
  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月11日(月)のイベント

  • 高尾パチンコ新機種『CRオートレース』プレス発表会
    14:00~/川口オートレース

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状