ニュースバックナンバーへ

依存対策に関する「管理者の業務」に解釈基準2017年11月27日(月)

 警察庁は、平成30年2月1日に施行される風営法施行規則等の改正に伴い、「管理者の業務」に追加された依存対策に関する規定について解釈基準を示した。11月17日に各県警本部等に通知した。

 今回の規則改正では、「管理者の業務」に「客がする遊技が過度にわたることがないようにするため、客に対する情報の提供その他必要な措置を講ずること」が規定されており、これに対応した解釈基準は以下の通り。

 「客がする遊技が過度にわたることがないようにするため」講ずる「客に対する情報の提供その他必要な措置」とは、ぱちんこ等への依存防止対策に資する取組をいい、例えば、ポスター等の営業所内での掲示、営業所の広告への掲載等による依存防止に関する相談窓口等の情報提供や、客自身又はその家族からの遊技使用上限金額等の申告に基づき過度な遊技を予防する仕組みの活用、過度な遊技を行わないよう客に対する注意喚起の実施、依存防止対策についての従業者への教育等が考えられる。

 なお、この基準は平成30年2月1日から施行される。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月11日(月)のイベント

  • 高尾パチンコ新機種『CRオートレース』プレス発表会
    14:00~/川口オートレース

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年12月号
  • 巻頭特集
    いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
  • 特集
    実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
  • 特集
    “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状