ニュースバックナンバーへ

基板番号削りに注意喚起〜同友会2018年1月18日(木)

 日本遊技産業経営者同友会は1月17日、定時理事会後の記者会見を行った。

 定時理事会では遊技機の適正排出のお願いについて、新基準に該当しない高射幸性遊技機設置状況の推移などの議題のほか、各委員会報告が行われたと記者会見で報告。

 遊技機の適正排出については「基板の番号を削って遊技機の排出をする事例があった。基板の番号を削ることで、不法投棄や闇スロなどに流れる可能性もある」(東野昌一代表理事)と、適正な排出の徹底を会員に呼びかけたと述べた。

 また、会見では昨年末にPCSAと合同でフィリップモリス社を訪問し、受動喫煙対策について会合したことを明らかにした。東野代表理事は「ホール全体の減収減益が見える中での方向性は同じ。一緒に取り組めるところから動いていきたい」と、今後も団体間の交流を行う方向性を示した。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月19日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性