ニュースバックナンバーへ

業界初となる完全円形島が静岡に登場2018年2月20日(火)

曲線島を組み合わせて業界初の完全円形島を創出している。

 静岡県を中心にパチンコホールを展開する有限会社新日邦が昨年末の12月28日にオープンさせた《SUPER CONCORDE 市野》(浜松市東区)が、業界初のホールフロア全体で1つの円形島を形成した店づくりで注目を集めている。
 
 店内はホール中央に設置されたカウンターの周囲を囲む形で6層の島で構成されており、ホールフロア全体で1つの円形島となっている。各島は中央から放射線状に伸びる8本の通路で区切られており中心から外側に向かうほど島の長さが伸びていく。

 パチンコとパチスロには絨毯や照明による区分はされておらずフロア全体で一体感が創出されている。
 
 また、動線効率が良く、両サイドに配置されたトイレに行くにも、中央のカウンターに行くにも、円形ゆえに、距離に大きな隔たりがなくファンは動きやすい。この斬新な島設計は大都販売が提案したもので、店舗全体の設計・デザインも同社が手がけている。
  
 また、島設計だけでなく設備にも注力しており、1,506台すべてに各台計数機を設置。交換待ちなどの煩わしさを感じずストレスフリーで遊技ができるほか、休憩スペースも「喫煙」と「禁煙」のスペースを設けゆったりとくつろげるよう配慮されている。


  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性