ニュースバックナンバーへ

福島県遊協、入替自粛を理事会で決議2018年2月26日(月)

 福島県遊技業協同組合(諸田英模理事長)は5月12日(土)~6月10日(日)の約1ヵ月間にわたり、福島県公安委員会所管の地域(福島県内)で遊技機の入替自粛を行うことを2月9日に開催した理事会で決議した。

 今回の自粛は同県で5月18、19日の「太平洋・島サミット」ならび、6月10日の「第69回全国植樹祭ふくしま2018」の開催に伴い、警衛・警備にあたる県警察の業務負担の軽減に協力するもの。

 『自粛期間内に検定・認定有効期間の満了を迎える遊技機』については自粛期間に入る前に入替を行うこととし、組合員に対し協力を要請している。

 また、遊技機の故障による変更承認申請は入替自粛除外事項としている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年3月22日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年4月号
    • 特集
      シニア人材、 活用のすすめ
    • 巻頭特集
      市場を動かす コンテンツ力
    • 特別インタビュー
      株式会社太平洋クラブ 韓俊 代表取締役社長