ニュースバックナンバーへ

藤商事から絶叫ホラーAタイプが登場2018年4月27日(金)

プレス発表会のフォトセッションの様子。

 藤商事が4月26日、都内でパチスロ新機種『パチスロ 貞子vs伽椰子』のプレス発表会を開催した。

 同機は累計販売台数35万台を超える同社ホラーシリーズの最新機種。完全告知機の「わかりやすさ」と、様々なタイミングで落下する「呪いの手」をはじめとした様々な絶叫演出を搭載している。また、ボーナス中には適度な技術介入要素が盛り込まれており、パチスロ本来の狙う楽しさも感じることができる。

 タイプはA+RTタイプで、ボーナス合算確率は1/163.8~1/146.3。ボーナスはBIG BONUS(最大獲得枚数311枚)とREG BONUS(同52枚)の2種類を搭載。RTは「バーサスチャレンジ」(BB後20G、RB後3G)中にRT移行リプレイを契機に突入する。ゲーム数はそれぞれ「伽椰子RT」(20G)、「貞子RT」(40G)、「貞伽椰RT」(77G)となっている。

 通常時の演出は、「呪いの手」落下演出と「邪眼チャレンジ」のみ発生する完全告知タイプの「伽椰子モード」、違和感演出に特化した「霊感モード」、演出が発生すればチャンスとなる「貞子モード」、それぞれの演出がバランスよく発生する「通常モード」から選択可能。

 全てのボーナス後に突入する「バーサスチャレンジ」は3種類のRTへの移行を目指すチャンスゾーン。同チャレンジ中は残りゲーム数に応じた打ち分けが必要となっている。

 なお、同機の納品は6月初旬頃を予定している。

(c)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年2月17日(日)のイベント

  • 都遊協ファン感謝デー

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年2月号
  • 巻頭特集
    求められる新規則機の本格運用
  • 特集
    2019年大予測
  • パーラー経営支援特集
    WEBプロモーションに どう向き合う!?