ニュースバックナンバーへ

群遊協新理事長に森山秀夫氏2018年5月16日(水)

本総会で就任した新執行部の面々。左から森山秀夫新理事長、金山明永副理事長、白盛基副理事長、北村志津男副理事長、梁有哲副理事長、伊藤孝順専務理事。

 群馬県遊技業協同組合(趙栄日理事長)は5月15日、前橋商工会議所会館で第53回通常総会を開催した。

 役員改選にあたる今年度の総会では、3期6年にわたり理事長を務めた趙理事長に代わり、新理事長に森山秀夫氏(太田組合/株式会社あすかインターナショナル代表取締役)が就任した。

 森山新理事長は就任にあたり、「まず3期6年にわたり先頭に立って組合活動を引っ張っていただいた趙理事長にこの場を借りて御礼申し上げたい。群遊協の組合数は縮小しているがパチンコを好むファンはまだたくさんいるし、パチンコ業で生活を営んでいる人もたくさんいる。このような方たちがいる限り、組合の存在意義は消えることはない。皆様方の絶大なるご協力とご指導を仰ぎたい」と挨拶した。

 また、総会後の懇親会で森山新理事長は「我々ホール経営者は非常に厳しい現状にあるが、社会からの要請やお客様の声に真摯に耳を傾け、より多くの県民・国民の皆様から愛され支持されるよう、組合組織の総合力をあげて取り組むことが何よりも重要だと考えている。パチンコ・パチスロが身近な大衆娯楽として末永く県民から親しまれるよう、健全営業に努めていく」とし、懇親会参列者に一層の理解と協力を求めた。

 総会で上程された議案はすべて可決承認された。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年2月17日(日)のイベント

  • 都遊協ファン感謝デー

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年2月号
  • 巻頭特集
    求められる新規則機の本格運用
  • 特集
    2019年大予測
  • パーラー経営支援特集
    WEBプロモーションに どう向き合う!?