ニュースバックナンバーへ

RT中のCBが出玉へのトリガー2018年5月21日(月)

上野のショールームで行われた試打の様子。

 SANKYOは5月18日、都内のショールームでパチスロ新機種『パチスロ トータル・イクリプス Lv.MAX-RT』の内覧会を開催した。

 同機は2016年発表の『パチスロ トータル・イクリプス』を、新たにA+RTタイプへと進化させた1台。A+RTながらも一撃の出玉に期待できる仕様となっている。

 ボーナス合算確率は1/240~1/140で、BIG BONUS(獲得枚数240枚)とCHARGE MODE(以下CB、同最大125枚)の2種類を搭載。またCBには技術介入要素が存在し、実行することで最大獲得枚数の獲得が可能。

 通常時はユーザーが任意で演出バランスを変更可能で、ユーザーの好みに合わせて遊べる仕様となっている。

 RT「RED SHIFT TIME」は純増約0.7枚/Gで、ゲーム数は100G、200G、400Gの3種類。RTにはBB終了後に突入する「JUDGEMENT ATTACK」を経て突入。同アタックは、1ゲーム完結のゲーム数抽選ゾーン。抽選されるゲーム数比率は1:1:1となっており、ユーザーのヒキ次第で継続ゲーム数が変化するといった明快な仕組みが同機の魅力。なお、BB後に「JUDGEMENT ATTACK」ではなく「ATTACK ON BETA」に突入した場合には400G濃厚。

 ボーナスとRTのループによる出玉増加のほか、貫通型CBによる一撃性にも長けた同機の納品は7月1日からを予定している。

(C)吉宗鋼紀・ixtl/テレビ東京/オルタネイティヴ第一計画

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性