ニュースバックナンバーへ

竹田隆理事長が続投、6期目に突入2018年6月5日(火)

任期満了に伴う役員改選では竹田隆理事長が再任された。

 宮城県遊技業協同組合は5月29日、パレスへいあんで第57回通常総会を開催した。

 総会にあたり挨拶した竹田隆理事長は冒頭、一昨年のMAX機撤去と昨年の新基準に該当しない遊技機設置比率30%目標について「組合員の皆様方には何かとご不満があったと思いますが、血の涙をながしながらしっかりと約束を守っていただいたことに対し、まずもって感謝申し上げたい」と謝意を示した。

 その後、2月1日に施行された改正規則について「今回の規則改正で遊技機の出玉性能に関するところ、そして依存問題に資する管理者の業務が追加され、我々パチンコホールを営業する側としては非常に厳しい対応を迫られる状況になっている。しかし厳しいと言っていてもはじまらない。過去の姿をもう一度見返しながら、新規則のもとどうしたらお客様を増やしていけるかを考えていく必要がある」と述べ、この厳しい状況をファンを増やす契機としてとらえ、ともに努力していくことを確認した。

 来賓祝辞では宮城県警察本部生活安全部の遠藤浩幸部長がパチンコ依存問題対策としてRSNの周知、自己申告プログラムの導入促進、依存症の一因となっている違法な広告宣伝への対策等の確実な推進を要請した。

 その他総会では任期満了に伴う役員改選が行われ、竹田理事長の続投が決議された。また、総会に先駆け全日本社会貢献団体機構の助成内定式が行われ、シャロームいしのまき代表者に助成内定証が受贈された。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月18日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性