ニュースバックナンバーへ

愛され続ける前田慶次、ニューギンが供養祭に協力2018年6月11日(月)

境内の供養塔前で行われた供養祭には全国から大勢のファンが参拝に訪れた。

 花の慶次シリーズでお馴染みの戦国武将、前田慶次の四百七回忌供養祭が6月4日、供養塔のある山形県米沢市の堂森善光寺で営まれ、今年もニューギングループが協力した。供養祭への協力は8回目。花の慶次シリーズの長年にわたるヒットの感謝と前田慶次への敬意を表し、同グループでは供養祭への協力と参詣を続けている。

 供養祭は、慶次の命日にあたる6月4日に善光寺で毎年行われており、当日も、意匠を凝らした傾(かぶ)き姿のファン等が全国から大勢集まった。米沢市のマスコットキャラクターの「けーじろー」、「かねたん」も参列し、焼香を行った。

 また、今年は供養塔の横に「兜むくりモニュメント」が建立され、お披露目された。

 「兜むくり」とは、前田慶次が村民たちを集めて披露したといわれる珍芸。モニュメントは慶次の兜を忠実に再現して作製され、参拝客も「兜むくり」ができる仕掛けとなっている。供養祭に参列した、花の慶次シリーズの楽曲を歌う角田信朗さん、大西洋平さんも大勢の参拝者の前で、兜むくりを初披露した。

 法要の後は、角田さん、大西さんが境内でスペシャルライブを行い、シリーズ挿入歌計5曲を熱唱。ライブ後には撮影会を行うなど、慶次ファンと親しく交流した。

 米沢市の地元だけでなく全国のファンから愛され続ける傾奇者・前田慶次を、ニューギングループでは今年も厳かに、そして賑やかに供養した。


  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年2月17日(日)のイベント

  • 都遊協ファン感謝デー

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年2月号
  • 巻頭特集
    求められる新規則機の本格運用
  • 特集
    2019年大予測
  • パーラー経営支援特集
    WEBプロモーションに どう向き合う!?