ニュースバックナンバーへ

依存症対策基本法案が参院で審議入り2018年7月4日(水)

 参院内閣委員会は7月3日、自民、公明両党と日本維新の会が提出したギャンブル等依存症対策基本法案の趣旨説明と参考人質疑を行った。報道各社が伝えた。

 基本法案はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を成立させるための前提条件の位置づけ。与党は7月5日の参院内閣委で可決し、翌6日の参院本会議で成立させる方針だ。IR実施法案は来週の審議入りが見込まれる。今国会会期は7月22日まで約1ヶ月延長されている。

 ギャンブル等依存症対策基本法案は5月25日、IR実施法案は6月19日に衆院を通過していた。

 一方、毎日新聞は、3日の参院内閣委に参考人として招致されたリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)の西村直之代表の答弁内容を取り上げた。IR実施法案では日本人を対象に「週3回かつ月10日まで」とする入場制限を明記したが、依存症防止効果との関連について西村氏が「科学的な根拠があるとは言い難い」と指摘したと伝えている。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月19日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年10月号
    • 巻頭特集
      設定付、 遂に始動!
    • 導入直前企画・6号機徹底解剖
      業界注目の6号機ATがついに市場投入 5.9号機との違いやゲーム性を徹底解説
    • パーラー経営支援特集
      ポジティブ視点で「コスト削減」を考える