ニュースバックナンバーへ

脅威の出玉増加スピード!新システムのルパン登場2018年7月20日(金)

『ルパン三世 世界解剖』

 平和は7月19日、都内ショールームでオリンピア製パチスロ新機種『ルパン三世 世界解剖』プレス発表会を開催した。

 同機は『パチスロ ルパン』シリーズの最新作で、RTやARTに頼らずに出玉増加を可能にした「ヒーローズロード」が最大の特長。

 通常時は主にBAR揃いから突入するCZ「ルパン ザ チャンス(ジャッジメントバトル)」(約1/65.8~約1/82.7)中のミッション成功時や、「リミットカウンタ」のカウンタMAX時、赤7揃いの「不二子ゾーン」(最大獲得枚数119枚)消化後に突入する「ヒーローズロード」を目指すゲーム性。

 「ヒーローズロード」はMBにより出玉増加を創出するMB集中区間で、出現確率は約1/283.5~約1/232.5。同モード中は約1/1.7でMBが成立。MB中は2ゲームの間、指示された押し順でBURST図柄の目押しを行い成功すれば最大で29枚(最大獲得枚数23枚)の出玉が獲得できる。継続ゲーム数は不定で、パンク役成立またはCZ中のミッション失敗で終了する。

 そのほかにも同機には、赤7赤7BAR揃いの「大泥棒」「ガンマン」「侍」ZONE(最大獲得枚数47枚)も搭載されている。

 一方、同期導入に向けたWEBプロモーションを展開予定で、遊技方法の説明動画、実践動画、ツイッターによるフォロー&リツイートキャンペーンを予定している。

 なお、同機の納品は7月29日を予定している。

(C)モンキー·パンチ/TMS·NTV

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月21日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」