ニュースバックナンバーへ

高射幸性遊技機の設置状況、5月末で18.64%2018年7月27日(金)

 高射幸性遊技機に区分される回胴式遊技機の設置状況は、5月31日時点で、31万3,759台となり、回胴式遊技機の設置台数(168万3,276台)に対して、設置比率18.64%となっていることがわかった。前月比で、1万1,278台の減少。都遊協の7月26日の理事会で報告された。

 新基準機に該当しない回胴式遊技機の設置比率は23.80%、40万616台となっている。前月比で1万1,568台の減少となった。

 全日遊連では、高射幸性回胴式遊技機の設置比率について、来年1月31日までに15%以下とする自主目標を掲げている。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月21日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」