ニュースバックナンバーへ

神遊協&神福協がサーカスに2,700人を招待2018年7月31日(火)

左よりボリショイサーカスのアレクサンドル・アグルツォフ団長、感謝状を手渡した黒岩祐治神奈川県知事と神奈川福祉事業協会・伊坂重憲会長(神奈川県遊協理事長)

 神奈川県遊技場協同組合と神奈川福祉事業協会は、7月31日に横浜文化体育館で開催されたボリショイサーカス横浜公演に児童養護施設、特別支援学校の児童・保護者の計2,700人を招待した。

 神奈川福祉事業協会の伊坂重憲会長(神奈川県遊協理事長)は開催にあたり「サーカスのご招待は今年で34回目を迎えます。とてもワクワクドキドキしている顔を見ると本当に続けてきて良かったなと思います。夏休みの楽しい思い出として、存分に楽しんで下さい」と挨拶。

 黒岩祐治神奈川県知事は「神奈川県遊技場協同組合と神奈川福祉事業協会はボリショイサーカスの招待を34年に渡り続け、延べ6万6千人を招待して頂いています。今日は皆さん存分に楽しんで下さい」と感謝の意を述べるとともに、児童に皆様でお礼を言いましょうと会場の児童に呼びかけ、児童の感謝の声が会場内をこだました。

 また、黒岩知事から伊坂会長感謝状が手渡されたほか、来場した児童代表から伊坂会長、黒岩知事、ボリショイサーカスのアレクサンドル・アグルツォフ団長に花束が贈呈された。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月21日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」