ニュースバックナンバーへ

不変の「ピュイッ」音が大当たりを呼び込む2018年8月10日(金)

『J-RUSH4 HSJ』

 SANKYOは8月6日、都内のショールームでジェイビー製のパチンコ新機種『CR J-RUSH4』の内覧会を開催した。

 同機は根強いファンの多い『J-RUSH』シリーズの第4弾。シリーズお馴染みの「ピュイッ」音が大当たりを呼ぶシンプルなゲーム性はそのままに、様々な新要素を追加することで幅広い年代のユーザーが楽しめる1台に仕上がっている。

 演出面では、シリーズ初となる「Vコン」演出が搭載されており、大当たり後に発生する「J-RUSHルーレット」中に「Vコン」演出が発生すればBIG BONUS濃厚だ。さらに同シリーズでお馴染みのターゲットモードには直当たりルートを追加。ターゲットモード突入時に専用演出が発生すれば、ターゲットボーナスの当選期待度は約50%となっている。

 スペックはミドルタイプとライトミドルタイプの2種類を同時リリース。

 ミドルタイプは大当たり確率1/289.9(高確率時1/34.9)で、確変突入率は64.4%。電サポ回数は88回or89回の2種類で、ラウンド数は4R(払出値416個)、16R(同1,560個)。賞球数は4&2&3&13。

 一方、ライトミドルタイプは大当たり確率1/199.8(高確率時1/29.9)で、確変突入率は64.4%。電サポ回数は33回or34回で、ラウンド数は4R(払出値416個)、16R(同1,456個)。賞球数は4&2&3&13。

 なお、同期の納品は9月17日からを予定している。
(C)JB (C)SANKYO

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月21日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」