ニュースバックナンバーへ

初代の「入り目」を再現した「スープラ」が復活2018年8月29日(水)

『スーパープラネットSP』

 山佐は、このほど最新作『スーパープラネットSP』(Aタイプ)を発表した。

 同機は90年に登場し「スープラ」の愛称で人気を博した『スーパープラネット』の後継機。

 初代「スープラ」は大量の「チャンスパターン」やボーナス成立ゲームを見極める「入り目」(いりめ/ボーナス成立ゲームに出やすい特殊なチャンスパターン)で人気を博したが、同機は右リール枠上7絵柄など、初代の制御を徹底再現。搭載されたチャンスパターンの総数は1,300パターン以上と、リールの出目が豊富で、操作音やボーナス時のBGMにも当時の音にこだわった正統後継機といえる内容となった。

 なお、同機は『ニューパルサーSP』に続く「SPシリーズ」の最新作であり、ボーナス合成確率は約1/128~約1/156とSPシリーズ史上最も高いボーナス確率を実現している点も特長だ。

 また通常遊技中はモード選択が可能で、「出目モード」(出目でボーナスを察知するモード)「ボタンモード」(ボタン押下でボーナスチェックできるモード。液晶のプラネットが光ればボーナス確定)「出目モード・極」(告知は一切行わず、出目だけでボーナスを察知)の3つから好みのモードで楽しめる。

 このうち「出目モード」、「ボタンモード」は規定ゲーム数消化でボーナスを告知する安心機能が搭載されている。

 ボーナス獲得枚数はビッグボーナス約300枚、レギュラーボーナス約108枚。納品は11月上旬が予定されている。

© YAMASA

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月19日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性