ニュースバックナンバーへ

『CRバジリスク』に確変ループタイプ登場2018年9月6日(木)

『CRバジリスク~甲賀忍法帖~天膳の章』

 ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、メーシー社製パチンコ新機種『CRバジリスク~甲賀忍法帖~天膳の章』を発表した。

 同機は、現在ホールで稼働中の『CRバジリスク~甲賀忍法帖~弦之介の章』の追加スペック。

 タイプは大当たり確率1/319.6(高確率時1/59.9)で、確変突入率65%の確変ループタイプ。電サポはヘソ大当たり時に24回~48回、電チュー大当たり時に100回付与される。大当たりのラウンド数は5R(払出値560個)、8R(同896個)、16R(同1,792個)の3種類で、賞球数は4&1&4&3&14。

 通常時は「弦之介の章」同様、多彩な演出が展開される。

 電サポ中には、「甲撃の刻」(確変)、「天命の刻」(確変or時短)に加え、『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』のART中の演出を踏襲した、初当たり後にのみ突入する可能性のある「争忍の刻」(確変or時短)が新たに追加された。

 「争忍の刻」は最大48回転継続する電サポ状態で、天膳を撃破すれば「甲撃の刻に突入する。

 なお、同機の納品は9月24日からを予定している。

©山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」