ニュースバックナンバーへ

マルハン、サタパナタワーが2020年完成予定2018年9月3日(月)

カンボジアのノロドム通りに2020年に完成予定の「サタパナタワー」の予定図。

 マルハンのグループ会社であるマルハン・インベストメント・カンボジアは8月29日、ロッテグループ傘下のロッテ・エンジニアリング・アンド・コンストラクション(Lotte E&C)と2020年にカンボジアに完成予定の「サタパナタワー」建設契約書に調印した。

 「サタパナタワー」は、カンボジアの商業銀行においてリーディングカンパニーである、サタパナ銀行の新本店ビルとなる予定で、2018年5月に着工を開始。マルハン資本によって進められており、総工費7千万米ドル、26ヶ月をかけて完成する予定。地上22階地下4階、全長103メートル、延べ床面積35.135㎡となる「サタパナタワー」は世界基準Aグレードのビルとして、王宮や独立記念塔にほど近いノロドム通り沿いに建設を予定している。
 
 マルハングループ会長であるサタパナ銀行代表取締役の韓昌祐氏は「カンボジアの経済成長と雇用拡大に貢献し、この国をより良くするという私たちの決意がサタパナタワーの建設に至った経緯です。この優美で時代を超越したデザインをもつサタパナタワーはカンボジア国民の幸せの象徴、そしてノロドム通りの新たなシンボルとなるでしょう」とサタパナタワー建設の想いを語った。

 また、Lotte E&CのハソクジュCEOは「マルハングループがこの素晴らしいプロジェクトのパートナーに私たちを選んでくれたことを誇りに思います。これはLotte E&Cにとってもカンボジアでの初めてのプロジェクトとなっており、最新の建設テクノロジーを用いてサタパナタワーを成功に導きます。Lotte E&Cはカンボジアにおける国際基準Aグレードのビル建設をこれから担っていきたいと考えています」と述べた。

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月12日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」