ニュースバックナンバーへ

全日遊連、2019年の入替自粛は予定なし2018年9月26日(水)

 全日遊連は9月21日、全国理事会後に記者会見を行い、2019年中の入替自粛の実施予定について報告した。

 その報告によると、現在のところ行政から業界に対し警備等の協力要請はなく、入替え自粛の実施は予定していないという。理由について阿部理事長は「業界は今非常に厳しい状況にあるため、自主的に行うのは厳しいと考えている。しかし、今後行政から要請が出された際には、協力していきたい」と述べた。

 なお、2019年に実施が予定されている主な行事は以下の通り。

・1月6日:昭和天皇陛下崩御「三十年式年祭」が開催される予定
・2月24日:天皇陛下在位30年の記念式典が開催される予定
・5月1日:皇太子殿下が天皇陛下へ即位、新しい元号の年が始まる
・6月28、29日:大阪G20サミット開催、閣僚会合も全国8都市で開催予定
・9月20日~11月2日:ラグビーワールドカップ2019が開催
・10月:新天皇陛下の即位の礼が実施される予定
・11月:新天皇陛下の大嘗祭(だいじょうさい)が実施される予定
 

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」