ニュースバックナンバーへ

全日遊連、貯玉の補償上限等のアンケート実施へ2018年9月27日(木)

 全日遊連は、9月26日から10月10日まで、傘下の組合員ホールに対し、貯玉補償制度に関するアンケート調査を実施している。

 貯玉会員の約99%が30万円以下の貯玉(メダル)数であることなどから、貯玉補償額の上限を30万円相当にすることに対する賛否などを問うもの。

 現行の貯玉補償額の上限は100万円となっており、全日遊連では「100万円相当の補償上限は大衆娯楽の域を超えている」との観点などから、貯玉補償制度の見直しを関係団体と協議している。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月14日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」