ニュースバックナンバーへ

NEXUSが増収減益、売上高は2,488億円2018年10月12日(金)

 群馬県を中心に《D’ステーション》を展開するNEXUS(高崎市、齊藤人志取締役社長)は10月10日、2018年6月期の決算を発表した。売上高は前年比102.6%の2,488億円、営業利益は前年比45.5%の38億円だった。

 売上高は6店舗の新規出店と2店舗の大規模改修で増収となり、営業利益は費用増加により減益となった。同社では、「遊技人口減少のため収益を維持することが難しくなっているが、増客施策と効率的な運営で、その影響を最小限に抑えることができた」としている。

 2019年6月期は、《D’ステーション神栖店》(茨城県神栖市)をはじめ数店舗の新規出店により、売上高2,600億円、営業利益60億円を見込んでいる。

 また、2017年11月に長崎県佐世保市の株式会社パラダイスを子会社とし、12店舗をD’ステーションとして出店。17年11月初旬から12月下旬まで改装期間として休業したこともあり、パラダイスの18年3月期の売上高は439億円(前年比92.6%)となった。19年3月期は売上高600億円を見込んでいる。

 前期はグループ合計で2,928億円の売上高となり、今期はグループ合計で3,200億円の売上高を見込む。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月17日(水)のイベント

  • 東京都遊技業協同組合経営者研修会
  • サンセイアールアンドディ パチスロ新機種『パチスロ巨人の星』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年10月号
  • 巻頭特集
    設定付、 遂に始動!
  • 導入直前企画・6号機徹底解剖
    業界注目の6号機ATがついに市場投入 5.9号機との違いやゲーム性を徹底解説
  • パーラー経営支援特集
    ポジティブ視点で「コスト削減」を考える