ニュースバックナンバーへ

西陣から設定付きパチンコ『P春一番』登場!2018年10月24日(水)

同シリーズ初の設定付きパチンコということもあり、多くの業界関係者が駆けつけた。

 西陣は10月24日、都内ショールームでパチンコ新機種『P春一番-花札昇舞-』の内覧会を開催した。

 同機は中高年層を中心に高い支持を集めている『春一番』シリーズの最新作で、花魁シリーズ初のV確変ループタイプとなっている。さらに今回は設定機能も搭載、新規演出だけでなく様々な設定示唆演出も搭載しており、幅広い年代のユーザーが楽しめる1台に仕上がっている。

 スペックは1/209.38~1/179.55(高確率時1/88.20~1/75.68)で、確変突入率は65%。電サポは通常大当たり後に50回or100回付与される。大当たりのラウンド数は4R(払出値約432個)と10R(同約1,080個)の2種類で、賞球数は4&1&3&12。

 通常時には液晶上部で花札演出が常時発生。1回転ごとに花札が配られ、成立した役で期待度が変化、見事「五光」が成立すれば大当たり濃厚となる。そのほかにも「シースルー」予告や、シリーズおなじみの最強リーチ「春一番リーチ」なども搭載している。

 確変突入時には「絶倫ゾーン」に突入。同ゾーン中は基本的にスーパーリーチに発展しないため、スピーディーに次の大当たりを獲得することができる。

 通常大当たり後には「御指名アタックモード」に突入。リーチ発生時には選択したキャラクターとの親密度が大当たり期待度となっており、親密度が高いほど高ランクのスーパーリーチが発生する仕組みとなっている。また、同モードは50回転消化時に「門前チャンス」に移行。内部的に100回転の電サポを獲得している時には、演出が成功して「御指名アタックモード」が継続する。

 なお、同機の納品は1月6日からを予定している。

(c)NISHIJIN

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月21日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」