ニュースバックナンバーへ

業界関係者が気兼ねなく集まれる事務所に~全遊振2018年11月2日(金)

新事務所での記念撮影。左からテイクプロデュース株式会社の木村広和代表取締役、全遊振の曽我部康二代表理事、同・中澤徳吉主幹。

 全国遊技ビジネス振興会(全遊振)は11月1日、都内の東上野に新事務所のお披露目を行った。

 同事務所は10月26日に開設し、曽我部康二代表理事は「パチンコ業界の情報交換の憩いの場、コミュニティを広げる場として業界関係者に開放していく予定。また、販売商社の新製品の発表の場としても活用してもらいたい」と述べ、事務所内には棚を用意してパンフレットや資料などを置くスペースも用意している。

 また、毎月開催していた、「定例セミナー」と「真・上野参謀会議」を2019年1月から
毎月第2木曜日と第4木曜日に移動することを発表した。

 全遊振は設立17年目。現在は約60社以上の会員企業が参加している。

 新事務所の住所は下記のとおり
住所:東京都台東区東上野3-21-2


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月21日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」