ニュースバックナンバーへ

咲々と増々、2つのチャンスでMAX継続率約80%2018年12月10日(月)

『P寄生獣』

 サンセイアールアンドディは12月10日、東京支店でパチンコ新機種『P寄生獣』の内覧会を開催した。

 同機はアニメ化や実写映画化もされている岩明均氏原作の人気漫画「寄生獣」とのタイアップ機。

 スペックは設定を1段階のみ搭載した1種2種混合ライトミドルタイプ。大当たり確率は1/199.80(右打ち時1/7.4)、大当たりラウンドは3or4or9Rの3種類で獲得出玉はそれぞれ360個、480個、1,080個(いずれも払出値)。賞球数は4&1&3&12。

 右打ちモードは「咲々チャンス(6回転)」、「増々チャンス(5回転)」の2種類。初当たりが3、5、7図柄の場合は「咲々チャンス」、それ以外は「増々チャンス」に突入する(振り分けは前者が5%、後者が95%)。初当たりが増々チャンスだった場合は、同チャンス中に大当たりを引くことができれば、咲々チャンス突入となる。

 咲々チャンスでは液晶上に花が3つ停止することで大当たりを告知。告知演出は「続々編」、「湧々編」、「黙々編」の3種類から任意選択できる。また、咲々チャンス中に大当たりできなかった場合は、その後に増々チャンスに突入するため、一度咲々チャンスに突入すればMAX継続率は約80%を誇る。また、右打ち中の大当たりの70%がMAXラウンドを獲得できるのも魅力だ。同機の納品は2月3日を予定している。

 また、ショールームでは『PA設定付牙狼GOLDSTORM翔RH』も展示。こちらは通常設定と黄金設定の2つの設定を搭載した甘デジスペックとなっている。

 大当たり確率は通常設定が大当たり確率1/119.80(高確率時1/76.20)、黄金設定が大当たり確率1/99.90(高確率時1/63.56)で、ST突入率75%のV確STタイプ。ST回数は101回転で、非突入時には時短が30回転付与される。賞球数は4&1&3&10。

 右打ち中の51%が10R確変大当たりとなるほか、通常時のリーチタイトルや右打ち終了後のリザルト画面等に設定示唆演出が盛り込まれている。同機の納品は3月3日より順次開始予定だ。

(c)岩明均/講談社
(c)2005雨宮慶太/Project GARO (c)2006雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
(c)2011「呀」雨宮慶太/東北新社 (c)2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社
(c)2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社 (c)2010-2015雨宮慶太/東北新社

  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年2月17日(日)のイベント

  • 都遊協ファン感謝デー

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年2月号
  • 巻頭特集
    求められる新規則機の本格運用
  • 特集
    2019年大予測
  • パーラー経営支援特集
    WEBプロモーションに どう向き合う!?