ニュースバックナンバーへ

ミリオンと練馬組合が児童養護施設にお菓子を寄贈2018年12月12日(水)

写真右から、錦華学院の土田秀行施設長、ミリオンインターナショナル・小島豊代表取締役、同社・佐藤初巳社会貢献担当。

 ミリオンインターナショナル(東京都練馬区)と練馬遊技場組合は12月7日、児童養護施設「錦華学院」に、合計10万円の寄付金とミリオン各店舗のお客様から寄せられたクリスマス用のお菓子などの景品を贈呈した。

 錦華学院は、家庭の事情で家族が養育できない児童を家族に代わって養育し、社会的自立を支援している施設で、創立130年の歴史を誇る。毎年9月に地域や施設の子供たちに向けた「お楽しみ会」を開催しており、ミリオンインターナショナルでは10年前から社員4~5名がボランティアとして参加している。こうした経緯から、同施設では業界の取組みへの理解もあり、施設の学生1名が来年度のpp奨学金給付希望生に応募しているという。

 同社と練馬組合では、今後も継続的な支援活動を実施していきたい、としている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年1月18日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年1月号
    • 新春対談
      大木啓幹×長鋪毅一郎
    • 巻頭特集
      新規則パチンコ、好発進!
    • 座談会+アンケート
      若年層から見た設定付パチンコの可能性