ニュースバックナンバーへ

「第32回未来っ子カーニバル」が盛大に開催2018年12月19日(水)

メインステージのスケートリンクには大勢の子供たちがスケートを楽しんだ。リンクサイドには、アイスクリームやカレーといった様々な飲食店が立ち並んでいた。

 大阪府遊技業組合連合会青年部会は12月15日、大阪府門真市の東和薬品RACTABドームで「第32回未来っ子カーニバル~みんなの笑顔に会いたくて~」を開催した。

 同イベントは、事情があって家族と過ごせない児童養護施設と交通災害遺族会の子供たちに楽しいクリスマスの一日を提供しようと、昭和62年の12月の時期に開催を行っている。

 今年は児童養護施設33団体、交通災害遺族会1団体を合わせた1,744名(引率職員を含む)が参加。また、一般ボランティアには5企業197名、専門ボランティア団体120名が活動をサポートした。

 記者会見で福田善久実行委員長は「今年のコンセプトは『遊びと学び、未来っ子ワクワクアドベンチャーin東和薬品RACTABドーム』と題して企画し、参加型のイベントを充実させている。先輩方のたゆまぬ努力により遊技業界の中でも屈指の規模となり、青年部会員としてまた実行委員長として関わることが出来、心より誇りに思っている」と自らの思いを述べた。

 今年は、avexアーティストアカデミー大阪校の協力のもと、未来っ子オーディション、ダンス教室やモデルウォーキング教室などの参加型のイベントを開催。また、ヘアアレンジやネイルの体験コーナーや木工等のワークショップコーナーなど充実した催しが数多く開催された。

 同イベントの最後には、大阪府の浜田省司副知事から大遊青の野口賀蔵部会長に感謝状が贈られた。その後、モデルウォーキングの練習の成果の発表や未来っ子オーディションの結果発表、毎年恒例の園対抗氷上そり競争が行われ、会場は大いに沸いた。

  • image
  • image
  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年3月25日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年4月号
    • 特集
      シニア人材、 活用のすすめ
    • 巻頭特集
      市場を動かす コンテンツ力
    • 特別インタビュー
      株式会社太平洋クラブ 韓俊 代表取締役社長