ニュースバックナンバーへ

依存症対策基本計画案でパブリックコメント開始2019年3月8日(金)

 内閣官房ギャンブル等依存症対策推進本部事務局は3月7日、ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)に対するパブリックコメント(意見募集)を開始した。締切は3月26日まで。

 基本計画(案)では、パチンコ業界、事業者が取組むべき依存症対策として、「広告・宣伝の在り方」、「アクセス制限」、「施設内の取組」、「相談・治療につなげる取組」、「依存症対策の体制整備」の5項目に関して、具体的な施策を提示。

 主な施策としては、
・平成31年度中に広告・宣伝に関する全国的な指針を策定し公表
・平成31年度以降、店内ATM・デビットカードの撤去を推進
・平成31年度中に本人の同意のない家族申告による入店制限を導入
・平成33年度までにアクセス制限として顔認証システムの活用のモデル事業等を検討
などを盛り込んでいる。

 基本計画案に対する意見は、電子政府の総合窓口の意見提出フォーム、郵送(期間内必着)、またはFAXで提出できる。

 政府ではパブリックコメントの結果を踏まえ、今年5月の啓発週間の前までに基本計画を閣議決定する予定。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年3月26日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年4月号
    • 特集
      シニア人材、 活用のすすめ
    • 巻頭特集
      市場を動かす コンテンツ力
    • 特別インタビュー
      株式会社太平洋クラブ 韓俊 代表取締役社長